くらしのノート -ワーキングマザーの暮らしと子供と-

働くお母さんの暮らしノート。3歳の息子と旦那さんと3人家族。まいにち暮らしを丁寧に。いろいろ作るのが好き。カメラ・ハンドメイド・手作りオヤツ・自然食・お弁当ネタを中心に書いています。

MENU

12月の子連れ北海道旅行!寒さ対策は?ベビーカーは必要?など注意すべきこと

f:id:marikobookmark:20161206085333j:plain

12月の北海道。札幌の平均気温は-0.9℃。
最高気温は2.1℃。最低気温は-4.1℃。かなり寒い&雪が積もることもあるので、防寒・雪対策が必要です。めったに降らない雪。
どのような対策をすればいいかわからないですよね。今回の北海道旅行で行った対策を紹介したいと思います。

 

靴はブーツがおすすめ!防水だと◎

雪道と言えば、スノーブーツ。
北海道では、滑りにくい靴底のブーツなど売られているそうですが、
雪が降らない関西には売っていません。
息子用に購入したのがNORTH FACEのヌプシブーティー。

f:id:marikobookmark:20161127090438j:plain

 

デザイン重視で選んでしまったので、ウォータープルーフではありませんが…
北海道のふわふわな雪だと防水スプレーをふっていれば問題ありませんでした。
足も暖かく、滑りにくいのでバッチリでした。
誰にも踏まれていない、ふわふわの雪を見れば子供は一目散!
ヌプシブーティーなら、どれだけ雪に突っ込んで行ってもぬれないし、
足が冷たくなることもありませんでした。


f:id:marikobookmark:20161206085354j:plain

このように、足の甲にも雪がかぶってしまうので、
スニーカーだと濡れてしまうのではないでしょうか…せめてブーツで行きたいですね!

▼ヌプシブーティーキッズ

 

 

▼ヌプシブーティー ウォータープルーフ ユニセックス

 

 ちなみに母も、ヌプシブーティー購入しちゃいました。
色々と形がありますが、ウォータープルーフのユニセックスタイプを。
レディースタイプは甲が低めで、私にはきつかったです。

 

耳の防寒に!帽子は必須!

頭と耳が寒いので、帽子も必須です!

もっていったものは、可愛いクマ耳付きタイプ。
首まであたたかい、ネックウォーマーも兼ねたタイプ。

 

 

 

普段は帽子やマフラーを嫌がる息子も、
雪にテンションあがってつけたことを忘れておりました!
なので、帽子嫌いのお子さんでも持っていっておくことをおすすめします。

帽子をかぶった上に、ダウンのフードをかぶせて二重で。

現地でみかけたお子さんは、アンパンマンのフードをかぶっていました。
こちらは首の部分でとめるので、着脱が楽そうです。

 

 

 キャラクターものなら、帽子嫌いのお子さんでもかぶってくれそうですね!

 

雪遊びには手袋も

雪遊びするならかかせません!
本当なら、濡れにくいアウトドアブランドのものが良かったのですが、
付けてくれるか不安だったので、キャラクターものにしました。

 

 

息子は赤が好きなので、赤色を購入しました。
これ、アンパンマンをおすとキュッキュってなるんです!
それもおもしろいみたいで、雪遊びする以外もわりとつけてくれました。

紐で繫がってるタイプと悩みましたが、なくて良かったかも。

雪遊びする時に、邪魔になるな〜と思いました。

 

f:id:marikobookmark:20161206100015j:plain

こん感じで、雪をガサーっと…
サラサラの雪なので、払えばすぐに落ちます。普通の手袋で十分でした!

この手袋、めちゃくちゃ伸びるので長いことつかえそう。
その前に、アンパンマンイヤ!って言う日が来そうです。

アウターは撥水加工ダウン

NORTH FACEのダウンを着ていきました。
いただきものですがおそらくこちらのタイプかと。

 

 

 

 アコンカグアフーディーのベビーサイズ90です。
去年のものなので、ロゴカラーが違いますね。

軽くて、着脱可能なフード付きです。
軽い雨雪をはじく撥水加工がしてあるので、北海道にぴったりです。

 

▶ノースフェイス アコンカグアフーディー キッズ

 

売り切れているサイズもあるので、早めにゲットしてくださいね!

 

着込み過ぎに注意!

室内があったかい北海道。地下道も、暖房ガンガンにきいています。
すぐに脱がせて調節してあげれるような格好がいいですね。

雪の上を走り回った後、大通り公園から地下道に入りましたが
暑くてすぐにダウンを脱がせました。札幌駅につく頃には、着ていたセーターも脱がし、
ヒートテック+長袖シャツという格好に。
そのままエアポートに乗り、空港へ向いました。

子供はすぐに汗をかくので、室内に入ったらすぐに上着を脱がせてあげた方がよさそうです。

雪道にベビーカーは使える?

持っていって正解でした。
というのも、札幌駅〜すすきの間しか移動してないから…
からかもしれませんが。

2歳児がずっと歩くわけないですよね。
旅行バッグもって、抱っこなんて出来ません!
空港・駅での移動も、あると便利。
町の中心部は、除雪設備が整っているので、ベビーカーでも大丈夫でした。
ただ、少し外れるとたっぷり積もっている所もありました。ホテルにチェックインしてしまえば、置いていくこともできるので、
中心部にホテルを取っているなら、持って行っても問題ないと思います。ベビーカーで子供が寝ることもありますから。
私たちの場合、荷物置きにも役立ちましたよ。

まとめ

ブーツも手袋も帽子、ギリギリに用意したので当日着用してくれるか不安でした。
早めに用意しておいて、慣れさせておくと当日も安心ですね。

我が子の場合、帽子は断固拒否なので本当に悩みましたが
雪の時だけ使ってくれて一安心でした。
寒いけど、食べ物美味しいし雪も楽しくて大満足の北海道でした。

 

 

▼アウター

▼ヌプシブーティ(靴)

 

▼手袋

アンパンマン 手袋 カラー:レッド

アンパンマン 手袋 カラー:レッド

 

 

12月の子連れ北海道旅行!飛行機とホテルは個人手配で格安旅行を実現!

12月初旬に2歳10ヶ月の息子を連れて北海道へ行ってきました。
飛行機はスカイマーク(神戸空港⇔新千歳空港)往復で11400とかなり安い航空券を買うことができました。
日程は、月・火の平日1泊2日です。

8:00発なので、新千歳空港への到着は9:45。
1泊2日ですが、時間はたっぷりありました。

 

f:id:marikobookmark:20161206100116j:plain

 

たくさんのLCC会社がある中、スカイマークを選ぶメリットは、

・3歳まで幼児は無料
・荷物も20kgまでなら何個でも預けることが可能
・無料で座席指定が可能

メリットしかありません!
ピーチやジェットスターなど他のLCCだと
2歳以上は一席必要です。
さらに、荷物を預ける場合は1つに対して追加料金がかかります。
(ベビーカーは無料です)
小さな子供がいると、座席指定は必須かと思いますが
こちらも指定料金がかかります(しかも席によって値段が違う)

これらの条件を考えると、子連れの場合スカイマークがベストな選択かと思われます。

 

 

出発前、神戸空港で遊ぶ息子…

f:id:marikobookmark:20161205083600j:plain

 

★神戸空港に関する記事

workingkosodate.hateblo.jp

★予約時の記事は

workingkosodate.hateblo.jp

 

珍しい二段ベッド部屋のホテル。幼児連れにおすすめの理由は…

2016年10月にリブランドオープンしたWBFホテル札幌中央
1名から6名まで対応したお部屋のバリエーションは8種類。

 

 

 

今回は40平米のファミリーキャビン
通常のベッドが2台と、ホテルには珍しい二段ベッドが2台あるお部屋でした!
定員は6人。それを大人4人+幼児1人で宿泊。

二段ベッドがあることによって、上の段に荷物を置いたり、
子供の遊び場になったりなかなか便利。
(落ちないか注意しなくてはいけませんけどね…)

お風呂とトイレと洗面が、2つずつあります。

これには大助かりでした!4人もいると、順番待ちが大変ですもんね。

息子と私は二段ベッドの下の段で就寝。
ベッドに冊もあるので落ちる心配もありませんし薄いカーテンを占めれば
ベッドの外の気配もなくなるので、コテンと寝てしまいました。

 

ホテルのサービスとしては、24時間コーヒーが無料(セルフ)
受付前のラウンジには無料のワインもおいてありました(こちらは時間限定)

 

もう一つ女性や子連れに嬉しいサービスとして、
お部屋に備え付けのシャンプーとは別に、
カウンターには数種類のシャンプーが用意してありました。
子供用のボディウォッシュもあり、持って行ってなかったのでありがたかったです。

それで宿泊料金は一人3500円だったのでとてもリーズナブルですね。

(予約日やタイミングによって、値段は変動します)

立地も大通公園駅からたったの2分。
カニなど海産物のお土産を買える二条市場も徒歩2分!
朝起きて、チェックアウト前にご飯を食べにいくこともできますよ。

札幌には、格安で宿泊できるゲストハウスも多くあるみたいですが、
ゲストハウスの場合、寝巻やタオルなど自分で用意しなくてはいけません。
子連れの場合だと少しでも荷物を減らしたいので、ゲストハウスは難しいですね。

 

まとめ

飛行機代(スカイマーク)往復11400円
ホテル代3500円
合計14900円

でした!

新大阪⇔東京の片道新幹線代とほぼ同じ…

美味しい、楽しい、北海道!はじめての雪に息子も大喜びでした◎
北海道の寒さ対策・雪対策などはまた別記事で紹介しているので、
子連れで冬の北海道旅行をお考えの方の参考になれば。

workingkosodate.hateblo.jp

 

▼利用した航空会社

 

▼宿泊したホテル

 

 

 

冬支度が完了。ねじって作るスヌードとはしミシンしだだけストール

https://www.instagram.com/p/BNDO1MUDvVa/

 

以前購入していた生地、無事小物へと変化しました。

 

workingkosodate.hateblo.jp

ひざかけにもなるタータンチェックのストールと、ねじって作るスヌード。
どちらもぬくぬくです。

 

ねじって作るスヌードは、二重に巻くスヌードの半分の用尺でできます。
すっぽりかぶるだけなので、つけるのがとても簡単です。
暗くなりがちな冬服。チェスナッツというカラーがアクセントになる!
黒やネイビー、カーキにもバッチリ合いますね。

レシピ付きで布を購入しましたが、レシピとにらめっこしている時間の方が長かったです…

おまけレシピなので、説明が少なくて。
理解に苦労しました。

実践あるのみ!実際に作りながらやったら理解できました。
縫ってみて、はじめて分かるみたいな…

あー意味わからなかった。笑

1カットで2つできますが、1つは小さくカットして息子用に。

息子、帽子だの全部拒否するタイプ。
案の定、つけてくれませんでした。

でもふわふわで気持ちいいみたいで、手でもって首もとにあてています。

ストールは、私が抱っこして一緒にくるまるのがお気に入り。

素材が気持ちいいって、大事ですね。