くらしのノート -ワーキングマザーの暮らしと子供と-

働くお母さんの暮らしノート。3歳の息子と旦那さんと3人家族。まいにち暮らしを丁寧に。いろいろ作るのが好き。カメラ・ハンドメイド・手作りオヤツ・自然食・お弁当ネタを中心に書いています。

MENU

アウトドアでも使えるドリッパーって何がいいの?RIVERS社のマイクロコーヒードリッパー買ってみた。

f:id:marikobookmark:20161005080218j:plain

 

我が家もキャンプデビューをはたしまして、色々とギアが欲しくなる今日この頃。
コーヒー好きな私にとってまあまあ必需品なドリッパー。

家にあるHARIOのV60は、プラスチックタイプなので軽いし持ち運びも簡単。
だけど専用のものがあるなら欲しなってしまいますね。
色々調べてみた結果、コスパ的にはこれが一番良さそうだったので…
リバーズ社のMICRO COFFEE DRIPPERとWALLMUG DEMITAを合わせて購入しました。

 

f:id:marikobookmark:20161005080306j:plain

 

MUGの方は、二重構造なのでホットでもスリーブいらず!
そしてむっちゃ軽いんです〜350ml入ります。
スタバとかでも使えちゃうやつです。

蓋付き、ストローもさせる仕様です。

 

f:id:marikobookmark:20161005080244j:plain

MICRO COFFE DRIPPERは長く使えるステンレスのメッシュでフィルターいらず!
シリコン製のホルダーにのっけて仕様するのですが、
このシリコン製のホルダーが折畳めて、ウォールマグの中に入るんです!
このメッシュのドリッパー自体も中にすっぽり。
ウォールマグの中におさまっちゃう便利でコンパクトです。

 

f:id:marikobookmark:20161005080332j:plain

 

一人分しか入れれませんけどね。とりあえず自分の分だけ買ったけど、
旦那さんの分もセットで購入しようか悩み中です。

セットで1490円です。アウトドア用のドリッパー一個の値段です。

だったらば…マグ付きってお得じゃない?
2セットになったら3000円だけどね。

 


 

 

色もたくさんあって可愛いです。旦那さんは、、黒かな。

f:id:marikobookmark:20161008162848j:plain

 

15グラム分のコーヒーを入れてみました。
ちびこいので、ドリップに時間がかかるのが難点かな…
そして細かく挽きすぎるとさらに時間がかかります。

あとは先が細いケトルじゃないと、飛び散るってレビューにありました。

我が家は月兎のポットがあるのでコレだと大丈夫でした。

 

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

 

 

ちなみにデロンギの電気ケトルも、意外と細くでてくるのでいけました。

 

DeLonghi kMix(ケーミックス) 電気ケトル ホワイト SJM020J-WH

DeLonghi kMix(ケーミックス) 電気ケトル ホワイト SJM020J-WH

 

 

大人数には向いていない

キャンプで4人分淹れるとなると大変そうかな…
なので、ピクニックとか、会社とか?
あとは家族だけのキャンプとかにはいいかなーって思ってます。

キャンプ用には、モンベルのドリッパーがいいよと教えてもらいました◎

 


 

 

お箸に通して使うので、どんな大きさのカップにもいけますね。
そしてフィルターいらずはキャンプには嬉しいです。

大人数の時は、これが良さそうですね。

 

本音を言えば、これさえあれば事足りてしまうけども
RIVERS社のものは普段にも使いたくなるくらい可愛くておしゃれーって
思って買っちゃったパターンです。

これから寒くなるとマグだけでもどんどん使えるし外コーヒー楽しみます!

 

MICRO COFFEE DRIPPER単品

マイクロコーヒードリッパー ブラック

マイクロコーヒードリッパー ブラック

 

 WALLMUG DEMITA

ウォールマグ デミタ ベージュ

ウォールマグ デミタ ベージュ

 

 

追記

f:id:marikobookmark:20161017103001j:plain

 

うちのあるマグ、マリメッコのものがピッタリでした。
todaysspecialのものは口が小さいのでピッタリ合わず(使えないこともない)
marimekkoがピッタリでしたよー!
お持ちの方も多いのではないでしょうか。