読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのノート -ワーキングマザーの暮らしと子供と-

働くお母さんの暮らしノート。3歳の息子と旦那さんと3人家族。まいにち暮らしを丁寧に。いろいろ作るのが好き。カメラ・ハンドメイド・手作りオヤツ・自然食・お弁当ネタを中心に書いています。

MENU

1歳9ヶ月の子供のご飯って

f:id:marikobookmark:20151005064807j:plain

ある日のご飯。

わかめおにぎりかぼちゃ煮
ひじきいりつくね
卯の花

 

わりと食いしん坊だった頃からは、少し食欲落ち着いてきました。

大人と同じものを食べれるようになっていますが、まだまだ小さく切る必要があります。

朝は、ご飯とパンの半々。

ご飯の場合、

混ぜご飯おにぎり
みそ汁
卵の炒め物とか、炒り豆腐(息子用に作ったもの)

だいたいこんな感じです。
品数少ないですね…
朝は時間がないので、ごめんね。

パンの場合は、
食パン(6枚切位、HMで焼いたもの)と
グラタンかスクランブルエッグ
バナナ

こんな感じで…
グラタンは大好きです。
ホワイトソースは小麦粉と牛乳(豆乳)なんで、バターも生クリームも使ってません。
夏場はラタトゥユを使ったり。
パングラタンにしたり。

夜は、

ご飯、お味噌汁、副菜、メイン

朝より、1品多くするようにしています。
副菜、ひじき煮とか、切干し大根、おひたし、和え物を用意して
メインは煮物とか炒り豆腐みたいなの。

母の焼き魚、煮魚をとりわけたりしています。

1歳半を過ぎた頃から、肉じゃがとか、茶色い煮物を食べなくなってしまいました。
見た目がイヤ見たいで、手を付けません。
なので、和食の場合はメインの品に困ります。

お豆腐好きの息子、とりあえず色んなものに豆腐を足して、卵でとじたら食べます。
例えばほうれん草のごま和えとか、塩さばとかほぐして、
小さいフライパンに入れて、豆腐をくずし炒れて炒めて、卵を最後にいれて炒めます。
こうするとだいたいたべます。


大人のものをわけれない場合、だいたいこうやってメインを用意。
豆腐ばっかでごめんよ…


1歳9ヶ月の息子、食べたいものを「もうちょっと」と言っておかわりするようになりました。
おでんの厚揚げが大好きで、「おとうふ、もうちょっと」って。
あと、みそ汁や汁物が好きで、なくなると「もうちょっと」と言います。

おかわり分がないと、すっごく怒るので一気に全部出さないように注意しています。
面倒な男だな。。

食べ終わると、「ごっちった」と言って、
お皿を重ねて渡してきます。
保育所で、先生がお皿をかさねているみたい)

 

まだまだスプーンと手で食べています。

お箸を持つのはいつからだろう。お外でもまだ上手に食べれないよ。
早く外食が楽になったらいいな〜。